ガン治療でも注目の成分|腎臓に負担をかけない方法|クレアチニンを抑えよう
家族

腎臓に負担をかけない方法|クレアチニンを抑えよう

ガン治療でも注目の成分

メンズ

飲みやすくする方法

医学が発達した現代でも、ガンは治療が難しい病気に挙げられていますが、学会でフコイダンによるガン治療の有用性が報告されて以来、フコイダンは脚光を浴びる存在になりました。その有用性を日常生活で手軽に補えるよう、現在では様々なフコイダンの健康食品が販売されています。サプリメントでは形状も色々ありますから、購入した商品の一粒が大きい場合では、飲みにくいこともあります。その場合、カプセルタイプなら左右にカプセルを外した後、中の粉末を取り出して飲むと良いでしょう。また錠剤タイプでは、細かく砕きますと飲みやすくなります。ただし吸収率を向上させるためなど、表面がコーティング加工されているタイプは、効果が下がるかも知れませんので注意が必要です。

優れた固有の働き

ガン治療でフコイダンが有用と言われる作用には、ガン細胞のアポトーシスを促す働きがあります。細胞は本来、ある期間生存しますと自発的に死滅していきますが、この現象がアポトーシスです。ところがガン細胞におきましては死滅することが少なく、増殖する傾向にあります。しかしフコイダンにはガン細胞をアポトーシスに追い込む働きがあるとされていることが、固有の特性になっています。そのほか、フコイダンには血液の凝固を予防する働きがあることも、研究によって確認されています。血液をサラサラにする効果が期待できますから、血栓の予防をはじめ、動脈硬化や脳梗塞などの予防が望めます。それらの点も、フコイダンが着目される理由です。